So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

初授業

2005年6月
                                                 
僕は大宮ろう学校小学部の特別非常勤講師になりました。
小学部の先生達が僕が何度も学校に足を運ばなくても良いようにという配慮から
2日間で小学部全クラスをまわるというスケジュールが組まれました。
授業内容は大きな段ボールに子供達がそれぞれ「友達」の絵を描くと言うもの。
生徒全員分の段ボールが必要となるわけですが、それは先生達が近くの電気屋などからもらって集めてきてくれました。
1クラス1時間ずつという事もあり、1番手軽なものとして画材はクレヨンに決定
                                                         
何度か授業参観に行ったり、先生達が子供達に僕の本を紹介してくれていたんでほとんどの子供達は僕を知っていますが、子供達からすればそれはあくまで外の人。
お客さんです。
                                               
みんなどんな顔するかな?
受け入れてくれるかな?
                                               
まぁ、僕が授業を行うというよりは「[図画工作]の授業に僕も参加する」という感じです。
                                               
さて、初授業。
どのクラスでも教室に入った途端、僕は感激しました。
みんなの興味津々の笑顔がキラキラしているんです。
「キラキラ」なんて表現を使うなんて自分でも驚きですけど、、、本当に「キラキラ」としているんです。
一人一人自分の背丈よりも大きな段ボールを床に敷き、その横にクレヨンを置いて準備完了。
先生から子供達への授業内容の説明。その後、僕は、、何か話そうかと思ったんですけど、、
結局、出来るだけ楽しく自由に絵を描いて欲しかったんで説明やアドバイスは無し。
まずは僕が絵を描いて見せようと思い、他の子や先生にその子がどんな子か聞きながら一人の子を描きました。。
それを見てリラックスできたのか、、、みんながゆっくりと描き始めます。
                                               
教室に段ボールを敷いてみんなが寝転がって絵を描いてる。
天気がよかったので窓から眩しい光が差し込んでいます。
                                               
サッカーが大好きな子
空手を習ってる子
将来、洋服屋さんになりたい子
気持ちのやさしい子
世話好きの子
友達を笑わせてばかりの陽気な子
恥ずかしそうにしてるシャイな子
クールに決めてる子
                                              
みんなそれぞれにいろんな顔をして描いてます。
                                              
低学年の子達はいきなりどんどん描いていく子が多かったんですけど
高学年の子達になると描く前にいろいろと頭の中で構想を立てるのか、、なかなか描き始めません。
しかし、さすが高学年。
描きはじめると大きな段ボールにバランスよくすらすら描いていきます。
                                                 
子供達が絵を描いてる間、僕は子供達全員を一人一人を描き、
描き上がった絵を出来たそばから一人一人にプレゼントしました。
                                              
                                                 
みんなと絵を描きながら思い出した事があります。
                                               
それは僕がまだ小さい頃。
この子達と同じ年くらいの頃。
僕がまだ手話でうまく話せない頃。
                                               
一人のおじさんがうちに遊びにきました。
そのおじさんは父の友人で父同様に耳が聞こえません。
おじさんは一人、絵を描いて遊んでいる僕のそばにやってきて、
鉄腕アトムやウルトラマンの絵を描いてくれました。
僕が喜んでおじさんのまねをしてウルトラマンの絵を描くと
その横に怪獣を描いてくれます。
そうやって絵でおしゃべりをしてくれたんです。
                                               
段ボールに寝転がって絵を描いている子供達を見ていると、、
なんだかタイムマシーンに乗って子供の頃の自分を見ているようでした。
                                              
結局、休み時間無しで授業が終わるとすぐに教室を移動し次の授業へ。
給食も一緒に食べ、みんなといろんな話をしました。
話と言っても深い話ではなく「今日の給食はおいしくないね」とか「門さんはいつからヒゲを生やしてるんですか」なんて話。
絶えず笑顔が溢れている教室で僕の顔もくずれっぱなしです。
                                               
終わってみれば体はくたくた。でも心は元気いっぱいです。
あっと言う間の二日間でした。
                                               
二日間の授業で僕に何が出来たのかは分かりませんけど、
僕は子供達にたくさんのパワーを貰いました。
次に何をやれば良いのかが見えたような気がします。                                            
                                               
みんなに会えて本当によかった。
どうもありがとう。
                                              
みんなになにかお返しをしなきゃ。
                                                         
                                               


2005-10-27 05:44  nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 3

大宮の N

思い出します、あのときの授業。 私が印象的だったのは、私たちのクラスに門さんが来て下さった時。クラスの子供が自分の横で絵を描く門さんをジーッと見ながら、チョイッとクレヨンで門さんの描く絵に描き込んでしまったのです。思わず私が「あー!!」と叫んだら、門さんはニッコリ笑って「コラボ、コラボ。」門さんの懐の広さを改めて実感したエピソードでした。その楽しいコラボの絵も文化祭で展示します。大宮ろう学校のばら祭、いよいよ今週末です。よろしく!
by 大宮の N (2005-10-27 22:49) 

kawaguchi

とても、楽しい授業だったんだなっと、目に浮かびます。
そんな、楽しい絵を、観に行けると思うだけで、うれしいです。
今から、ドキドキしています・・・。
by kawaguchi (2005-10-28 00:15) 

kado

N先生、どうもありがとう
子供達と絵を描くのがこんなに楽しいなんて思ってませんでした。
本当に幸せな時間でした。
みんないい顔してましたね。
“キラキラ”です。


kawaguchiさん、どうもありがとう
ぜひぜひ、子供達が描いた絵、見てくださいね
もう、、自信なくすくらい、、素晴らしい絵ばかりですよ
ちびっ子画伯達もきっとよろこびます
by kado (2005-10-28 06:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。