So-net無料ブログ作成

RING BELLS 長崎へ その2 [LIVE2007]

今回、一緒にライブをするのは長崎のバンド"TATSUMAKI"。
ピースライブイベント[PEACE BEAT CLUB]で知り合ったミュージシャン達です。
彼らはこれまでもいろんな場所で演奏してきました。
時にはグランド・ゼロで。
時にはライブハウスで。
時には路上で。
  
今日は僕とのセッションライブペインティング。
どうなるのかは僕にも分かりません。

「踊りたくなったら踊って、歌いたくなったら歌って、描きたくなったら描いて良いよ」
  
簡単な挨拶のあとは早速ライブスタートです。

  
TATSUMAKIの演奏が始まり、僕が絵を描き始めると子ども達はすぐに立ち上がり、
僕らのすぐ近くまで駆け寄ります。
子ども達のスイッチが入るのがあんまり早かったんで僕らは驚きました。
  
女の子が絵に近づいてじーっと見ているんで、
「描いていいよ」ってクレヨンを拡げたら、それをきっかけにドドドーっと、、、
あっという間にキャンバスの前には子供達の群れ。
我先にと絵を描きはじめます。
  

バンドの周りにも子供達が輪を作り、手拍子をしたり、体を揺らしたり。
知っている曲のときは大きな声で歌っていました。
  
子供達のあまりの元気の良さに少々、押され気味な僕らでしたが、そこは負けていられません。
さらに力一杯、演奏し、絵を描きます。
  
1人の子は僕に言いました。
「どうしたらそんな上手に絵を描けますか?」
僕は言いました。
「考えずにイメージして。上手に描こうと思わなくて良いよ」
  
あっという間に絵が埋まっていきます。
描く場所が無くなると絵の上に絵が重なり、さらにその上に模様が入り、、
最後はぐちゃぐちゃ。
でもとっても楽しいぐちゃぐちゃ。
  

  
  
ライブも終盤。
クレヨンもずいぶん短くなってきました。
  
今回、僕の両親も見に来ていたんですが
気がつくと体育館の後ろのほうで両親と子供達が手話で会話していました。
学校の授業で習ったそうです。
父も母もすごく嬉しそうにニコニコ。


  
  
絵は一足早く完成。
最後の歌は僕もみんなと一緒にバンドを囲み、体を揺らして歌いました。
  
その光景があまりにも凄くて、、、
まるで演出された劇でも見ているかのようにみんなが1つになっていました。
  
小島小学校のみんな
先生方
PBC実行委員会の皆さん
  
TATSUMAKI
  

母校という事もあって、忘れられない一日でした。
どうもありがとう。



RING BELLS 長崎へ その1 [LIVE2007]

大宮ろう学校の非常勤講師の予定期間も終了。
さて、今度はいろんな学校に行ってみたい。僕はそう思いました。
  
ちょうどその頃、僕の故郷、長崎から「長崎で行われるピースイベントで絵を描いて欲しい」との連絡。
このイベントにはこれまでにも3度、出演しています。
前回の里帰り同様、この帰郷の機会に長崎の学校に行きたいなぁ、、と思い、同級生のお母さんに協力してもらい、僕の母校“小島小学校”へ「子ども達といっしょに絵をかきたい」という手紙を送りました。
その話を進めながら、ピースイベントの実行委員長にもこの計画を話すと、、
「ぜひ、協力させて欲しい」と、嬉しい言葉。
そこで僕はひらめいた。
「では、地元のミュージシャンと一緒に行って、音楽と絵でライブペインティングをやろう」
    
その後、実行委員会の大きな協力の下、母校の小島小学校でのライブペインティングが決定しました。
    
いざ、母校へ。
僕が通っていた頃と、ほとんど変わっていない校舎。あの頃と同じ空。
ただ1つ、学校が小さくなったような、、?
まぁ、僕が大きくなったと言う事なんですけど、、。
校長先生とお話させて頂いたあと、校舎を見て回り、ひとしきり思い出に包まれながら
会場の体育館へ。
    
今日はライブもやるので、バンドのセッティングや司会進行の方との打ち合わせなどなど。
しかし、相手は子ども達。
予定通りに行くはずもないので、あんまりガチガチの進行にならないように
「あとは子ども達の顔を見ながら臨機応変に。楽しむ事を最優先に」
    

    
今回、初の試み。
キャンバスになるダンボールは、子供達がひとりひとり準備したものを全部繋げて張り合わせ、キャンバス作りからはじめるライブペインティング。
    
さて、どんな絵が生まれるか?
    



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。