So-net無料ブログ作成
検索選択

RING BELLS 長崎へ その1 [LIVE2007]

大宮ろう学校の非常勤講師の予定期間も終了。
さて、今度はいろんな学校に行ってみたい。僕はそう思いました。
  
ちょうどその頃、僕の故郷、長崎から「長崎で行われるピースイベントで絵を描いて欲しい」との連絡。
このイベントにはこれまでにも3度、出演しています。
前回の里帰り同様、この帰郷の機会に長崎の学校に行きたいなぁ、、と思い、同級生のお母さんに協力してもらい、僕の母校“小島小学校”へ「子ども達といっしょに絵をかきたい」という手紙を送りました。
その話を進めながら、ピースイベントの実行委員長にもこの計画を話すと、、
「ぜひ、協力させて欲しい」と、嬉しい言葉。
そこで僕はひらめいた。
「では、地元のミュージシャンと一緒に行って、音楽と絵でライブペインティングをやろう」
    
その後、実行委員会の大きな協力の下、母校の小島小学校でのライブペインティングが決定しました。
    
いざ、母校へ。
僕が通っていた頃と、ほとんど変わっていない校舎。あの頃と同じ空。
ただ1つ、学校が小さくなったような、、?
まぁ、僕が大きくなったと言う事なんですけど、、。
校長先生とお話させて頂いたあと、校舎を見て回り、ひとしきり思い出に包まれながら
会場の体育館へ。
    
今日はライブもやるので、バンドのセッティングや司会進行の方との打ち合わせなどなど。
しかし、相手は子ども達。
予定通りに行くはずもないので、あんまりガチガチの進行にならないように
「あとは子ども達の顔を見ながら臨機応変に。楽しむ事を最優先に」
    

    
今回、初の試み。
キャンバスになるダンボールは、子供達がひとりひとり準備したものを全部繋げて張り合わせ、キャンバス作りからはじめるライブペインティング。
    
さて、どんな絵が生まれるか?
    


2007-06-20 14:35  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

大宮

母校というのがいいですね。テレビ番組「ようこそ先輩」みたいですね。子どもたちが持ち寄った段ボールを張り合わせたキャンバスというのもいいですねえ。みんなの楽しいおしゃべりが聞こえてくるようです。
by 大宮 (2007-06-23 03:15) 

kado

大宮さん、どうもありがとう

母校の子ども達は
彼らと同じ年の頃の僕よりも
とっても素直で陽気でした

歌って踊って絵を描いてる子供達
僕はまるでミュージカルでも見ているかのような気分でした。
どこを見てもみんなが笑ってて
とってもすばらしい光景でした。
by kado (2007-06-28 23:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。