So-net無料ブログ作成

「音の出る手」[LIVE"RING BELLS"PART2]その8

[山北健一]
  
ステージには何やら楽しげな楽器。
子供たちは不思議そうに見ています。
一瞬の静寂。
山北さんは目を閉じ、深く呼吸をして集中。
次の瞬間、ダムが決壊したかのように激しいビートが打ち鳴らされ、
ジャンベの音が野性的に響き渡ります。
  

  
山北さんの手はいくつもの楽器を同時に操るので、まるで手が何本もあるかのようです。
子供たちはあっけにとられたような顔で目を丸くしたままじっとしています。
それまで比較的おとなしかった中学生の子たちも身を乗り出して山北さんの手を見つめています。
  

 
大宮ろう学校やお隣の植竹小学校には体が不自由な子たちもいるのですが、
その中の1人の子は、床に響く太鼓の音を感じているのか、
床に寝そべり、じわじわと体をくねらせて山北さんに近づいていきました。
  

  
山北さんはとても不思議な人で、
演奏を始めると、、、何か体からユラユラとパワーというか熱というか、、
上手く言えませんけど、、何かが出てます。
僕は彼とセッションするたびにそのユラユラに包まれます。
ここにいた人たちの中にもそのユラユラを感じた人も多いのではないかな、、?
  

僕は子供たちに、
手は言葉にもなるし、楽器にもなるということを見せたかった。
  
今回、初登場のフラダンス、パーカッションで“手”が「踊る」ところを見て、
何か感じてくれてたら良いなぁと思います。
  

  
[ライブ終了後。山北健一より]

この日は、少し寒かったですがほんとにいいお天気に恵まれました。
授業の中で行われるため朝はいつもより早起きしました。
普段はライブハウスやクラブ、野外イベントなどで演奏しているので体育館はどんな響き方をするのか楽しみでした。
セッティングを終え少し音をだしてみると床全体も振動しソロ演奏には好感触。
ライブはAMADORIさんの優しい歌に始まり、フラダンスのKA LEI LEHUA MAKAMAE さんではみんな参加してなごやかな雰囲気に包まれました。
次にパーカッションのライブ。
一曲目が終わると熱い拍手をいただきました。
確信した私は集中力がとぎれることなく最後まで演奏できました。
次にストレートなロックバンドPROPELLRさん。
一曲目からみんなの心をとらえ、その盛り上がりはとどまるところを知りませんでした。
あっというまに最後の曲になり、立ち上がり踊り最高潮に達しました。
大きなキャンバスには門さんの思いとミュージシャン、リスナーがリンクしたコラボレーションの記録として刻まれました。
今回は通常の授業の中ということで時間に制限がありましたが
アーティストもリスナーも最後まで集中でき充実したパフォーマンスが出来たのではないかと感じました。
2006年11月24日に演奏を聴いてもらい、卒業し何年かが経ち、いつかどこかのライブハウスやクラブで再会出来たら素敵だなぁと思いました。
  
  
山北健一(パーカッショニスト)


2007-02-14 17:30  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。