So-net無料ブログ作成
検索選択

「全員集合」[LIVE"RING BELLS"PART2]その4

今回は大宮ライブ直前の準備やアーティストへの連絡などに関しては
僕の個展と重なっていたこともあり、大宮ろう学校のA先生にお願いしました。
A先生、ありがとうございました。

さて、いよいよライブ。
  

  
数日前に確認した週間天気予報では[雨]
前日に確認した天気予報では[曇り]
ライブ当日の天気、、、、[晴れ]
  
朝から良い予感。
気持ちの良い青空。
  
僕は10時に学校到着。
最初に到着したのはプロペラ。
リーダーの谷崎さんだけが昨年と様子が違います。
昨年の大宮ライブとは違うけど、普段のライブと同じ。
そう、頭はばっちりリーゼントです。
「今回は気負い一切なし、いつも通りのライブをやります」とのこと。
昨年は学校でのライブという事で普段のエレキギターアコースティックギターに持ち替えていたギターのトーコさんは
「今年はエレキでいきます」と。
今年で2回目の参加のプロペラは大宮ろう学校の子供たちのパワーを充分に知っているので
「全力で行かないと子供たちのパワーに負けてしまう」と、普段のスタイルで行く事にしたそうです。
気力みなぎるメンバーの表情が頼もしい。
  

少し遅れて山北さん到着。
山北さんはいろんな楽器を使うので、それを見るだけでも子供たちが喜ぶ顔が目に浮かびます。
山北さんとは僕の個展でセッションしたばかりなのでお互いの気力も充分承知。
目と目が合って「ニヤリ」という感じです。
  
  

それからフラダンサーズ[マカマエ]のみんなが到着。
[マカマエ]のメンバーとは友人のマヤちゃん以外はお会いするのもはじめて。
ライブ参加のお礼も合わせてあいさつ。
[マカマエ]のみんなは学校で踊るのは初めてだそうでまずは体育館全体を見回し、
空間を頭に入れてダンスイメージを作っているようでした。

最後に現れたのは急遽、参加が決まったAMADORI。
実はAMADORIの出演は数日前まで決まっていなかったので
最初に予定されていたタイムスケジュールではAMADORIが歌う時間はありませんでした。
しかし、昨年の大宮ライブの直後に子供たちから貰ったパワーで作った曲があるという事と、その曲をどうしても歌いたいと言うAMADORIの思いと、またAMADORIに会いたいという子供たちの願いを受けたA先生がタイムスケジュールの調整をし直してくれて開演時間を10分繰り上げることでAMADORIの出演が決まりました。
「A先生、AMADORI、どうもありがとう」

これで出演者がすべて揃いました。


  
今回のライブは特別授業として行われるため平日の3時間目と4時間目。
場所は体育館。
当然、1時間目と2時間目は体育の授業が行われています。
つまり、2時間目が終わった後、設営に入ります。
僕が心配していたのはこの設営時間。

機材や楽器の搬入をしながらPAが音のチェック。
PAが音のチェックをしている間にフラダンサーズは立ち位置の確認。
フラダンサーズが立ち位置の確認をしている間にプロペラのリハーサル。
プロペラのリハーサルの間に段ボールキャンバスのセッティング。
段ボールキャンバスのセッティングの間に山北さんの楽器のセッティング。
山北さんの楽器のセッティングの間にAMADORIのマイクチェック。
  

   
この間、僕は校門前に集まってもらった一般観覧の方を迎えに。
みなさんを体育館に誘導するとすでに体育館には子供たちがぞろぞろと集まっていました。
今回のオーディエンスは小学部の子供たちだけじゃありません。
幼稚部の子供たち。
中学部の子供たち。
そして大宮ろう学校のお隣の植竹小学校から障害児学級の子供たち。

準備完了。
ライブスタートです。
  


2006-12-22 15:45  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。