So-net無料ブログ作成
検索選択

ライブのパワー

僕は2004年からライブペインティングをやってます。
あらかじめ考えておいた絵をライブ演奏の時間内に描くわけではなく、
頭を真っ白にして、その時,その場の雰囲気、その時感じた曲の印象を即興でスケッチしていきます。
会場はギャラリーやライブホールではなく、主にカフェ
音楽マニアやロックキッズだけが集まるのではなく、会社帰りのサラリーマンやOLさん、若い方から年配の方まで実にいろんな方が思い思いに集まってきてくれるんですがたまにろう者の方も見に来てくれます。
ろう者の方が音楽だけのライブに行くことはおそらくほとんどありません。
(ろう者の方の中には補聴器などを付けることで若干,聞こえる方もいるのでそういう方は行くかもしれませんが)
つまり、僕が絵を描くとこを見るために来てくれるわけです。

共演するアーティストダンスビートに合わせて踊りながら歌うタイプではなく、
ギターを弾きながら歌う人やアコーディオンを弾きながら歌う人など。
つまり派手なパフォーマンスではなくメロディーや歌詞や声で表現するアーティスト達。
さすがに今回ばかりは聞こえない方には楽しくないかなぁと思いましたが僕はいつもと同じように絵を描きました。
ライブは大抵30分から1時間程度。
終了後、恐る恐る見に来てくれたろう者の方に感想を聞いてみると「絵を見ながら曲のイメージが膨らんでいくので楽しめた」、「色が重なっていくときに感情の変化を感じる」など。
ーーー鋭い。
                                               
もちろん全ての方に僕の絵が何かを伝えるわけではないと思いますけど、、、ひとつだけ言えるとすれば

やはり、ライブには何か不思議なパワーがあるに違いない、、。
                                                   
                                                

僕がライブって素敵だなぁと思うのは、その場に聞こえる人も聞こえない人も歌う人も絵を描く人もどんな人でも自然にそこにいて、みんなが一緒にその場の空気を作っていくと言うこと。
「アート」が人と人の間にある壁をなくすということなのかな、、?
逆に言えば人と人の間にある壁をなくすものが「アート」なのかな、、、?
                                                
なにか面白いことが出来る予感。
                                                 


2005-10-02 22:09  nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 3

kawaguchi

まだ私は、kadoさんのライブを、1度しか観た事がありませんが、
本当に素敵です。私はあの場所で、なにか大きなバリアーみたいなものにつつまれて、やさしい雨がみんなの心に降りそそぎ、ゆっくりゆっくりしみていく・・・。そんな風に感じていました。凄いパワーが生まれていると思います。 なにか面白いこと・・楽しみです。
by kawaguchi (2005-10-08 01:43) 

kado

kawaguchiさん、どうもありがとう
AMADORIとのセッションは他のセッションと違って、何度もやってるんで「あ・うん」の域です(笑)。
僕自身、すごく心地よいです。

(ただ、、AMADORIもだんだん忙しくなってきたんで一緒にやる機会が減ってきましたけど、、。嬉しいような寂しいような、、。)

大宮でも心を込めて描きます!
約束します。
by kado (2005-10-08 02:11) 

kawaguchi

あ~絶対、文化祭を観に行きたい!!
行くつもりではいるんですが・・・
でも、まだ、行けるか分からないんですよ・・・。
AMADORIさんも忙しくなって、一緒にやる機会が減ってしまったなら
なおさら、行けるように、ちょっと、頑張ります。
by kawaguchi (2005-10-08 21:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。